更年期の睡眠障害にサプリメント

このサイトは、次のような悩みを抱えている方に参考になる情報を紹介しています。

・40代になって急に眠りが浅くなった
・寝ても途中で覚醒してしまう
・ちゃんと寝ているのに疲れが取れない

これらの悩みはもしかしたら、更年期障害によるものかもしれません。
更年期にみられる睡眠障害対策に使える栄養素と、サプリを紹介しましょう。

更年期と睡眠障害の関係性とは?

女性ホルモンのひとつエストロゲンの減少が、セロトニンの減少にも関わっているからです。
セロトニンの原料は「トリプトファン」と呼ばれるもので、これはメラトニンの材料にもなっています。
だからこそトリプトファン→メラトニンというふうに合成させる栄養成分を摂取することが大切です。

 

トリプトファンとは?

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつです。
肉類や魚類、乳製品にも含まれています。
必須アミノ酸は人の体内では合成することができない成分のため、食事で補う必要があるのです。
食生活の乱れでもトリプトファンは不足しやすく、忙しく食事を整える時間がない方は、サプリで補うようにしましょう。

 

メラトニンとは?

脳の松果体と呼ばれる部分で分泌されるホルモンのことです。
朝太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、一定時間が経つと夜にメラトニンが分泌します。
メラトニンは副交感神経を優位にして、眠りに付くために体温や心拍数を減らす役割があるホルモンです。
夜9時〜11時くらいに分泌量が高くなり、体温を下げて自然と眠りにつきやすくします。

 

セロトニンとは?

セロトニンも脳内で分泌されるホルモンです。
精神の安定に重要で、感情をセーブする働きがあります。
セロトニンはメラトニンに変化するホルモンでもあるため、更年期でエストロゲンが減少すると、同時にセロトニンやメラトニンの合成もできなくなってしまうのです。

 

眠りに付くための流れ

人が必須アミノ酸のトリプトファンを摂取すると、脳内物質のセロトニンを合成できます。
そしてセロトニンが分泌されると、夜にメラトニンに生成することができます。
原料となるトリプトファンがなければ、セロトニンもメラトニンも分泌できないことになるのです。

 

エストロゲンとセロトニンの関係性

実は更年期になると卵巣機能が低下し、エストロゲンが減少することが、セロトニン分泌に影響を与えていることがわかっています。
卵巣切除モデルのマウスの実験でエストロゲンを与えるとセロトニンの分泌量が増加したことから、エストロゲンとセロトニンには密接な関係性があることがわかりました。
セロトニンは自律神経への調節機能があるため、セロトニンが不足することで更年期では自律神経失調症になるといえるのです。

 

睡眠に関係があるアミノ酸とは?

トリプトファンの摂取が睡眠の質を上げることに繋がりますが、もうひとつ重要なアミノ酸があることがわかっています。
それは「グリシン」というアミノ酸です。
非必須アミノ酸のため体内で合成することはできますが、サプリで摂取することができるため、更年期の睡眠障害対策にもおススメできます。
グリシンを使った試験では、睡眠に良い作用があると発表されているようです。

更年期の睡眠障害サプリメントナンバー1とは?

 
シンデレラスリープの特徴

女性ホルモンバランス対策にいい成分とグリシン配合のサプリメントです。
・自信があるから180日間の返金保証
・定期購入で2回目から4,980円(税込)
・定期購入に回数の縛りはありません
・アグリコン型イソフラボン配合

価格 7,560(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で初回限定1,980円(税込)
シンデレラスリープの総評

更年期障害の対策として人気が高い、球種率がいいアグリコン型イソフラボンを配合しています。
合わせて配合されているチェストツリーは、ドイツで月経前症候群の治療薬として認可されているものです。
リラックス成分や眠りのアミノ酸グリシンも配合し、更年期による睡眠障害対策に使うことができます。

 
 
キレイ・デ・エクール サプリメントの特徴

更年期障害対策に人気があるエクオールを配合したサプリメントです。
・推奨量の10mgのエクオール配合
・定期購入の回数縛りはありません
・継続すると毎回定価から1,000円オフ
・メール便でポストへの配送

価格 5,980円(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で初回限定3,980円(税込)
キレイ・デ・エクール サプリメントの総評

ダイスイソフラボンにエストロゲン様作用があるのは、エクオールのおかげということがわかってきました。
イソフラボンの成分の中でも、エクオールは一番エストロゲン様作用が高い物質です。
更年期の睡眠障害を改善させるなら、植物性エストロゲンを補い対策してみましょう。
推奨量の10mgのエクオールが配合されているサプリです。

 
 
エクオール+ラクトビオン酸の特徴

エクオールサプリメントで人気ナンバー1の商品です。
・エクオール研究の専門家と開発した
・2分に1本売れているサプリ
・93%の方が実感と答えた商品
・3か月便でさらにお安く買える

価格 6,480(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で5,832円(税込)
エクオール+ラクトビオン酸の総評

エクオールを研究している専門家と共同開発した商品です。
学会での発表では、エクオールを使った研究で、女性特有の悩みを和らげることが発表されました。
1か月後48%、3か月後68%、6か月後76%、12か月後83%というデータ内容です。
エクオール10mgが配合されており、更年期の睡眠障害対策もできます。

 
 
ノムダスの特徴

エクオール産生菌を配合し、体内でエクオール生成を促すサプリです。
・定期購入初回限定約82%オフ
・定期購入に回数の縛りはありません
・植物由来成分で安心して飲める
・吸収率300%アップで実感しやすい

価格 6,980(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で初回限定1,260円(税込)
ノムダスの総評

エクオールを直接配合するのではなく、黒大豆とエクオール産生菌を配合したサプリです。
一般的な大豆を使用したエクオールサプリと比べても、糖を分解したエクオールの吸収率は300%にまでアップさせます。
初回限定でお買い得となり、回数の縛りはないため、1回で解約してもOKです。

 

更年期障害とは?

更年期サプリメント

更年期とは生殖器からの移行時期で、閉経となる5年前くらいから不定愁訴を訴えるのが「更年期障害」です。
閉経の平均は50歳前後のため、45〜55歳までの女性が更年期障害になりやすいといえます。
閉経とは1年以上生理がこない状態のことで、原始卵胞が尽きてしまい、卵巣が衰えてエストロゲンを分泌できていません。

 

更年期の初期症状

初期のころに更年期症状として現れやすいのが、イライラ、不安感、睡眠障害、月経不順、ホットフラッシュです。
更年期の女性はまだ卵巣からエストロゲンを分泌できますから、脳からの指令に答えようとがんばっています。
するとエストロゲンの量が十分あるときと、エストロゲン不足があるときの差が激しくなるのです。
更年期のホルモンゆらいでおり、この変化に体が慣れていない状態が、更年期の初期症状となります。

 

更年期障害が進行すると

更年期の睡眠障害はまだ初期の段階のため、改善できる余地はあるでしょう。
症状が進行してしまうと、動悸息切れ、血圧の上昇、肥満、膣炎、尿漏れなどの症状を招く可能性があります。
精神症状の物忘れもエストロゲンの不足からくるもので、短期的な記憶力がなくなってしまうのです。

 

更年期障害の治療方法

更年期サプリメント
更年期障害とはエストロゲン減少によりおこるものですから、医療現場ではエストロゲンを補う「ホルモン補充療法」が一般的です。
ホットフラッシュには有効だといわれており、汗が大量に出る方や、夜中に汗が出て睡眠障害が出ている方におススメの治療だといえるでしょう。

 

病院での検査方法

更年期障害を疑う場合は、病院で検査してもらうことが一番です。
病院では最終月経や、生理が順調であるか詳しく聞かれます。
同時に血液検査にて女性ホルモンのバランスもチェックしますから、更年期で睡眠障害が出ているかが明らかになるでしょう。

 

病院では子宮や卵巣の異常もチェックしており、隠れた病気がないかもわかります。
更年期女性は子宮がんや乳がんの発症率も高まるため、メディカルチェックを受けておくと安心です。

 

サプリメントでの対策

ホルモン補充療法はエストロゲン不足からくる症状によく効くのですが、その代わりエストロゲンの細胞増殖作用により、乳がんや子宮がんのリスクが高まります。
短期間では副作用が少ないことはわかっていますが、長期的に使うとどうなるかはわかりません。
同時に血栓症のリスクも高まるため、ホルモン剤を利用する場合は医師とよく話し合ってから決めましょう。

 

そこで選択肢となるのが、イソフラボンサプリです。
同じくエストロゲンを補う考え方で更年期障害対策ができます。
イソフラボンはエストロゲン受容体と結合できる物質で、体内に取り込まれるとエストロゲンと似たはたらきをするのです。
天然のホルモンと比べて1000分の1程度の作用しかありませんから、穏やかな効き目でエストロゲン過剰の心配がありません。

 

女性の不眠症

更年期サプリメント
1998年におこなわれた調査によると、日本人男性の不眠症率は17.3%、女性は21.5%と女性の割合が高いことがわかりました。
女性の場合は一生のうちでも女性ホルモンのバランスが大きく変わるため、その影響を受けていると考えられます。

 

エストロゲンの減少が睡眠障害を招く

女性のホルモンは思春期ころから分泌量が増加し、40歳を過ぎたころから卵巣機能が低下して、エストロゲンの分泌量が一気に減ります。
50歳くらいには生理がとまり、さらに卵巣からのエストロゲン分泌量が減るのです。
こうしたホルモンの減少によって、女性のうつ症状、不安感、不眠障害などがおこります。

 

更年期女性は睡眠時間が少ない

20〜30歳の平均睡眠時間は6.5時間でした。
それが40〜60歳になってくると、女性の睡眠時間は男性と比べて30〜60分少なくなっています。
その理由は、子どものために早く起きてお弁当を作ることや、子どもの学費を稼ぐ必要があり家事を朝に終わらせるため早起きしなければならないからです。
誰よりも早く起きなければならないのに、就寝時間も最後になりやすい実情があります。

 

月経前睡眠障害

女性の睡眠障害は更年期だけでなく、生理前にもおこることがわかっています。
その原因とは、高温期になると体温が高くなるためです。
高温期にはプロゲステロンの影響で体温が高くなり、そのため睡眠と覚醒のリズムが乱れやすく、日中に眠気が強くなります。
昼夜のメリハリが失われることで、夜間の睡眠の質が低下すると考えられえています。

 

高温期にはメラトニンの減少がみられる

さらに生理周期の高温期では、メラトニンの減少がみられることがわかっています。
光や行動を制限した中での調査では、生理周期によってメラトニン分泌量に変化があることがわかったのです。
動物実験でもプロゲステロンが多く分泌されると、体内時計の乱れがあることがわかっています。

 

月経周期で睡眠に問題が出る割合は80%

成人女性で月経周期によって、睡眠に変化が現れると答えた割合は80%にも及んでいます。
生理前になると女性は、寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう症状がおこるのです。
すると日中に強い眠気を生じ、生理前になると女性は疲労感を持ち、体がだるいという症状が出てくるようになります。

 

更年期の睡眠障害の原因とは?

更年期サプリメント
更年期で睡眠障害がおきる原因のひとつとして、プロゲステロンが呼吸中枢に働き、睡眠時無呼吸症候群がおきるためだといわれています。
無呼吸症候群は若い女性には少ないのですが、更年期以降は男女ともに増加する病気です。

 

睡眠障害の薬物療法

更年期で睡眠障害を抱えている方は、薬物療法を利用することができます。
寝つきが悪い場合は睡眠導入薬、不安感やうつ症状が強い方には、抗不安薬や抗うつ薬を用いることが可能です。
さらにエストロゲンの減少によっておこる場合は、少量のホルモン補充療法の検討も必要になります。

 

カウセリングを受ける

更年期の睡眠障害は本人が苦痛を伴うため、薬物療法に頼る前に、カウセリングを受けるのもひとつの対策です。
更年期外来では、専門のカウンセラーを設けている病院もあります。
睡眠障害の原因が更年期によるもので、一過性の問題だとわかると、不安症状が取れて睡眠の質が高まる可能性は十分あるでしょう。

 

十分な休息を取ること

更年期の女性は仕事、家事、育児などやることが多すぎています。
できるだけ休息をとるようにして、精神的肉体的なストレスを解消させましょう。
閉経しても副腎からエストロゲンを生成できますから、無理しないことが重要です。
ストレスが多ければそれだけ副腎からのエストロゲン生成は減少してしまいます。
休むのが一番とはいっても、なかなか休んでいるわけにもいかない人が多いため、せめてエストロゲンを補うイソフラボンを利用してみてはどうでしょうか。


更年期の睡眠障害におススメのサプリ

更年期サプリメント

更年期の世代で睡眠障害対策をするなら、大豆イソフラボンなどのエストロゲン様作用がある物質が含まれていることが必須です。
1位のシンデレラスリープは、眠りのアミノ酸やハーブなども含まれており更年期対策として使いやすいといえます。
定期便に回数の縛りはなく、180日間返金保証があるためお試ししてみてはどうでしょうか。

 

更年期サプリメント